ラフィアンターフマンクラブは、競馬を楽しみ親睦を深めるためのクラブです。
文字サイズの変更は右のボタンをクリックしてください
ラフィアンターフマンクラブ ホーム サイトマップ プライバシーポリシー よくある質問 お問い合わせ
ラフィアンについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 プラス・ラフィアン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
所属馬近況
マイネルバールマン
馬コード : 114103 / 父 : ジョーカプチーノ / 母 : クリスビーナス / 牡 / 美浦・栗田博憲
2018年7月13日(金)
マイネルバールマンは、中間、放牧地の都合でいったんブルースターズファームに移動して10日(火)真歌トレーニングパークに戻りました。主任は「騎乗開始を前に左右のヒザのレントゲン検査を行いました。左ヒザのトウ骨の表面にざらついた箇所があるものの、今のところ問題ないとのことです。近日中にトレーニングを始めます」と話していました。(7月10日現在の近況)
2018年6月22日(金)
マイネルバールマンは、真歌トレーニングパークに滞在中。到着後は体調を整えたうえで昼夜放牧が始められています。主任は「しばらくは現在の管理で、一定の運動量を確保しつつ右前肢の様子を見ていきます」と話していました。(6月18日現在の近況)
2018年6月8日(金)
マイネルバールマンは、8日(金)ビッグレッドファーム鉾田を出発して真歌トレーニングパークに向かいました。鉾田の主任は「右前肢の歩様は明らかに跛行しているという感じではありませんが、硬さを感じるのは確かです。しばらく経過を観察していましたが、なかなか熱感が取れない状況で、北海道に戻して立て直すことになりました」と話していました。
2018年6月1日(金)
マイネルバールマンは、1日(金)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。栗田調教師は「レース後、右ヒザに熱を持ったのでレントゲン検査を行ったところ、腕節炎(関節が炎症を起こして間接液が増量する)との診断で、水が浮いている状況です。念のため左ヒザの検査も行いましたが、こちらは将来骨片が剥がれる可能性があるとの診断ですが、現時点で対処の必要はないでしょうとのことでした。以上より、一息入れたほうがいいと判断していったん鉾田に移動させることにしました」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
ムービー
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
資料請求
出資予約
ビッグレッドファーム公式サイトはこちら
ビッグレッドファームツイッターはこちらビッグレッドファームブログはこちら
スタッフ募集
携帯サイト
携帯サイトでラフィアンの情報がご覧いただけます。


ラフィアンでは、セキュリティー保護のため暗号化通信を導入しています。
Copyright (C) 2011 Ruffian Turfman Club Ltd. All rights reserved.